やさしい日本経済情勢

1ドル=117円台半ば。2008年9月のリーマンショック前には何が?


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!(≧∀≦)」

enyasu
「円安」になると

私たちの日常生活には
どのような影響があるのでしょうか・・・?

まず、輸入品の価格上昇が懸念されます。
例えば、原油は国内ではほとんど採れないため
輸入に頼っており「円安」になると
ガソリンなどの国内価格が上昇します。

また、海外旅行では現地での支払いなどで
両替のレートが不利になり円での支払いがより増えます。

逆に、海外からの旅行者にとっては
同じ外貨の支出でも円貨額が増えることとなり
日本国内での消費が増加することが期待されます。


「円安」は、企業にとっては
どのような影響があるのでしょうか?

日本企業の多くは、原材料を海外から輸入し
国内で加工して輸出をしています。

このため、これまで同様の海外での売り上げでも
円換算すると円での受け取りが増えることとなります。

一方で、円換算後の原材料価格も増加するため
売り上げが国内に集中する企業では
コスト増のマイナスの影響が大きくなります。

輸出企業の多い日本では
全体的にはメリットが大きいと思われます。
近年は、歴史的な「円高」や
成長する新興国での原材料調達
生産・販売の一貫化、人件費の安さなどから

企業拠点の海外移転が進み
輸出での「円安」効果は薄まっているとの指摘もあります。

しかし、海外拠点の収益を国内に連結した際の
円ベースで見た日本企業の業績は「円安」により
改善すると考えられます。

米ドル円レートは1ドル=117円台半ばと
2008年9月のリーマンショック前の水準まで
「円安」が進みました。

この背景には、米国の景気拡大や
貿易収支の改善などがあります。
また、米国では利上げ、日本では追加金融緩和の期待
もあり、今後も「円安」圧力が残りそうです。

まずは自分にできることから始めていきましょう。

そうだなって思ったらボタン押してね☆

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!(≧∀≦)」



メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス