やさしい国内物販のはじめかた

山崎12年を定価9,180円で購入しました。販売店公開中!

 

山崎12年とは?

今市場に出回っている

山崎12年は

 

12年以上前に

サントリーが手がけた

原酒を使用したもの。

 

山崎ブランドが品切れ

品薄状態に陥っているのは

ここで使用する原酒が

極端に不足しているからです。

 

販売するまでに12年の歳月を要する

山崎12年においては

品切れになったからといって

増産したところで

 

すぐに対応できる問題ではなく

売りに出すまでに12年もの

月日を要するのです。

 

これは他の消費財にはない

ウイスキー特有の問題と

言えるでしょう。

 

ではなぜ原酒が

不足しているのかも

気になるところでしょう。

 

一つは世界的なウイスキーの

大ブームによって、元から

人気だった山崎の需要が

一気に増したこと。

 

もう一つはブーム以前の

ウイスキー業界はずっと

下火だったことが挙げられます。

 

数年前からウイスキーが

ブームとなっていますが

 

実は日本だけではなく

アメリカや

スコットランドはもちろん

ヨーロッパやアジア諸国など

世界的なブームとなっています。

 

なかでもジャパニーズ

ウイスキーは人気が高く

山崎はこれまで世界的な

コンペで最高賞を複数回

獲得するなどブランドとして

強いため、急激に需要が

増したのです。

 

そして押さえて

おかなければならないのが

ブーム以前のウイスキー業界は

長らく下火だったこと。

 

バブル期を最後に下降線をたどって希少性が高まった

例えば日本における

ウイスキーの消費量は

バブル期を最後にずっと

下降線をたどり続け

 

ようやく底を打ったのが

2008年。今から9年前です。

 

以降はご存じのとおり

見事なV字回復となるのですが

 

今市場に出ている山崎12年の

原酒が造られている当時は

ウイスキー業界は

かなり深刻な状況だったわけです。

 

当然サントリーは採算を

考慮しなければならないため

そんな深刻な時期に、この先

需要が増えるかわからない

ウイスキーの原酒をむやみに

造るわけにはいきません。

 

このように

山崎を売っている今と

その山崎を造っていた

過去のウイスキーを取り巻く

状況の違いが、原酒不足を

招いているのです。

 

世界的に空前のジャパニーズウイスキーブーム

現在のウイスキーブームの

おかげでウイスキー業界は

活気を取り戻したのですが

 

皮肉にも原酒不足、つまりは

相次ぐ品切れ・品薄状態をも

招いてしまったわけです。

 

では、そもそも

なぜウイスキーは

ブームとなっているのでしょうか?

 

まず、現在のウイスキーブームは

日本では2008年頃からの

サントリーによるハイボールの

大掛かりなプロモーションが功を奏し

ハイボールの再ブームが到来し

 

さらにはNHKの

朝ドラ「マッサン」によって

より一般層にも浸透するように

なったと言われています。

 

より知られ身近になったウイスキー

しかし理由は

それだけではないと感じています。

 

まず感じているのは

SNSの台頭やスマホの普及で

ネットがより便利になったことで

あらゆる情報が身近になったこと。

 

ウイスキーは元々多くの

情報が出回っておらず

専門書を買うか、バーに行くか

など積極的にアクションを

取ることでしか情報を

仕入れることができませんでした。

 

つまり敷居が高かったわけです。

それがSNSの台頭によって

ウイスキーを飲んでいる人が

自ら情報を発信することで

興味を持つ人が増えます。

 

それだけでなくスマホの

普及も相まってネットがより

身近になったことで

ウイスキーの情報

 

しかも、わかりやすい情報が増え

積極的なアクションを

起こさなくともウイスキーに

ついてある程度知れる

ようになったのです。

 

つまり、ウイスキーを飲む

買う上での敷居が下がったのです。

 

さらに、近年は個人の嗜好が

多様化しており、長らく

定番だったものではなく

他と違うユニークなものが

好まれる傾向にあります。

 

これらの事象が

複雑に重なり合って

現在のウイスキーブームが

起きているのだと感じています。

これなら日本だけでなく

世界でウイスキーがブームに

なっていることの説明もつきます。

 

山崎12年を定価で購入するには?

今では19,000円で

売られていますが

 

定価で購入できるお店を

わたしのサイトのメルマガ@限定で

お伝えしております。

 

フォームよりご登録ください。

ぜひ皆さんもメルマガ登録して

山崎12年を手に入れて

味わってみてくださいね。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

 

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

山崎18年を定価22,323円で購入しました。販売店公開中!



サントリーの代表的な
ウイスキー「山崎」といえば
今や日本どころか世界的に
人気かつ有名なウイスキー。

あまりの人気ぶりにここ数年は
品切れ・品薄状態が続いており
酒販店やスーパーではなかなか
お目にかかることができない
状態となっています。

当然のことながら、バーや
飲食店ですら仕入れることが
難しくなっており

「買う」どころか
「飲む」ことすら
難しいウイスキーと
なっています。

それもあってか
ネット通販では、山崎12年など
山崎ブランドのほぼ全てが
定価の倍近くの値段で
売られており、それでも
売れているのですから

いわば替えのきかない
ウイスキーなのでしょう。

今では69,800円で
売られています。


しかし定価で購入できるお店を
わたしのサイトのメルマガ@限定で
お伝えしております。
フォームよりご登録ください。

とはいえ現在の品切れ
品薄状態は明らかに
嘆かわしいことです。

それゆえ「品切れさせないのが
メーカーの努めである」として

メーカーである
サントリーに対して批判的な
意見が聞かれることも
少なくありません。


背景には、ウイスキー
特有の問題と社会的な
大きな流れが関係しています。

まずはなぜ山崎が品切れ
品薄状態が続いているのか
理由を説明していきましょう。

ウイスキーは樽で
長期間熟成されるお酒。

元は無色透明だった
ウイスキーの原酒が琥珀色の
ウイスキーに変化するのは
このためで、樽の木の成分が
移ることでおなじみの色へと
変化しています。

だいたいどれぐらい
熟成されるのかというと
最低でも約3年、長いものだと
20年以上熟成される
こともあります。


つまり、造り始めてから
売れるようになるまで
それだけの月日を
要するということです。


山崎のフラッグシップ
ともいうべき「山崎12年」

12年という
年数表記がありますが

これは12年以上熟成させた
山崎の原酒を使っている
という意味で、12年熟成の
ものだけで造られている
わけではありません。

いくつかの年数の原酒が
ブレンドされるのが一般的で
18年や25年などの長期熟成原酒が
ブレンドされることも
珍しくありません。

ぜひ皆さんもメルマガ登録して
山崎18年を手に入れて
味わってみてくださいね。


読者のみなさんへ
それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

e-book

インターネットを使った在宅WEB戦略2018

 

あなたから購入したいと感じてもらおう!

ネットで利益を出すためには

ただ商品を出品するだけでは

いけません。

 

ニーズに合った商品を仕入れ

そして購入者にとって

お得感がある価格で

販売することが大切です。

 

販売価格は

仕入れ値によって決めるため

特に大切なことは仕入れだと

考えられがちですが

 

販売についても

仕入れと同じくらい

重要なのです。

 

世間のトレンドを読み、最大限の成功をつかもう!

まずは商品の

仕入れについて考えます。

 

仕入れで大切なことは

人気商品を安価で仕入れることです。

 

人気がある商品は

その時々のトレンドを読み

できるだけそのトレンドが

上昇傾向にあるうちに

見極めることが必要になります。

 

トレンドがピークに

達してしまったり、下降線を

辿っているときに人気がある

商品だと気付いても

その時点で

ニーズは減り始めているため

大きな利益は生まれません。

 

1店舗にあるなら他店舗にもっとある!

実際に商品の仕入れをするときは

インターネット上で探すだけで

なく自分の足を使うことも

忘れてはいけません。

 

実店舗でも意外な安値で

商品が売られている

ことがあるのです。

 

実店舗の場合は

競争相手が少ないので

一度に大量入手する

こともできます。

 

1店舗見つけたなら

そのお店だけではなく支店

さらに全国の店舗に

目を向けていくのです。

 

さらに系列店も探してみるのです。

必ず同じものがあります。

 

インターネットを使う場合は

海外サイトも視野に入れると

仕入れ先が一気に拡大します。

 

本書で人気商品を安価で

仕入れることに成功したら

次は高い価格で販売することが

目標になります。

基本の安く買って高く売るに徹しよう!

ネットで利益を出すためには

安く買って高く売る

ことが基本です。

 

その基本に加えて

仕入れや販売先を工夫する

ことで利益を上乗せしていくのです。

 

デジタルマーケティング戦略で成功しよう!

Eメール、ネット広告

ソーシャルメディア、スマートフォン

ブランドサイト、コミュニティサイト

 

企業の顧客接点はますますデジタル化し

コーポレートサイトが中心だった

時代から大きく変容しています

 

これらは企業にとって

重要な顧客接点であり

自社でコントロール可能な

オウンドメディアです。

 

そして、日々進化する新しい

テクノロジーを活用していく

ことが求められています。

 

様々な顧客接点・テクノロジー・メディアを

統合したデジタルマーケティング戦略のお手伝いをしています。

 

サイトへの流入の多くが

ソーシャルメディア経由となっている

Webサイトが存在してきています。

 

集客にはリスティング広告と

SEOを行っていれば良いという

考え方だけでは十分ではありません。

 

逆に、facebookなどの

ソーシャルメディア上に

広告を出す企業も増えてきました。

 

商品やコンテンツへの共感を

facebookやTwtiier経由で

拡散させることも普通に

行われてきています。

 

トリプルメディアを別々に分けて

考えるのではなく、シナジーを

生む戦略を描くことが

重要だと考えます

 

顧客、競合、自社。3Cの視点からWebマーケティング戦略を考えよう!

めざすべきゴールと

ゴールに向けた戦略を描く際には

自社が認識している課題だけでなく

顧客や競合他社を考慮に入れる

ことが有効です。

 

顧客、競合、自社の3つの観点から

あるべき姿と戦略を描く

アプローチをとります。

 

顧客視点:顧客のニーズと来訪のゴールを明確にしWebマーケティング戦略のインプットとしよう!

Webサイトにはどんな人々が

どんなニーズ目的を持って

来訪するのでしょうか。

 

顧客の来訪目的は

商品の理解からキャンペーン応募

FAQの閲覧など様々です。

 

そうしたニーズ目的に応じた

流入施策、サイト構造

コンテンツを考える必要があります。

 

そのために、ターゲット顧客への

アンケートやグループインタビュー

流入キーワードなどを通じて

顧客ニーズを明確にします。

 

Webマーケティングのアクションプランを明確化し実行しよう!

Webマーケティングの費用対効果を

測定することは非常に難しい分野ですが

 

戦略立案フェーズにおいて

どのような施策の効果が

最も高いのかを考慮し

施策に優先度をつけていきます。

 

優先度の軸は

効果・コスト・時間

フィージビリティなどとし

次フェーズにおいて

何を実行していくべきなのか

のアクションプランに

落としていきます。

 

Webマーケティングを駆使していきたい方は

ぜひ、ダウンロードしてみて下さいね。

 

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス