メインコンテンツ

メルカリで高値で売れる鉄瓶、花瓶、市松人形、硯

 

ご存知日本最大級のフリマアプリ、メルカリ。

ファッション関連から大型の家具まで

幅広い商品が常に出品されています。

 

誰もが欲しい旬の商品から、誰が必要なの!?

とおもわず首を捻ってしまう不思議な商品まで

本当にさまざまな商品が出品されています。

 

中には一見ガラクタのようでも

意外な高値で売れている商品もあります。

 

今回は高く売れる商品をはじめ

意外にも高値が付く商品

 

不用品にしか見えないのに

なぜか売れている商品などを紹介します。

 

あなたの家に眠っているものがあるかも。

「あっ、そういえば」というものがあれば

メルカリで出品してみてはいかがでしょうか?

 

・鉄瓶 1,000~120,000円

・花瓶 300~80,000円

・市松人形 1,000~58,000円

・火鉢 10,000~50,000円

・木彫り面 1,000~35,000円

・硯(すずり) 1,000円~30,000円

・つげ櫛 300~35,000円

 

普段見かけない珍しい工芸品は

高値で売れやすい普段の生活では

なかなか手に入れる機会のない工芸品。

 

売れるかどうかは値段によりますが

ユーザーからの興味は高いようです。

 

出品数に対して、需要が若干上回っているようです。

お値段がピンキリなのは

 

・名工の作によるものか

・単なるお土産品レベルなのかによって価値が変わってくるためです。

 

普通の鉄瓶は1,000円ほどですが

例えば「龍文堂」と書かれた

鉄瓶は120,000円で売れていました。

 

花瓶は人間国宝、徳田八十吉の作品が80,000円。

本来の相場(600,000円〜4,000,000円)から言えば

この価格でも相場の1割くらいなので

売れるのは当然ですね。

 

普通の花瓶は100円均一ショップでも買えるので

需要はあまりなさそうです。

 

市松人形や硯は、作られた時期や

作られた場所によって、値段が大きく変わります。

 

大正時代に作られた市松人形は

1体58,000円。中国の有名な産地で

作られた硯は、30,000円。

そうでないものは、やはり1,000円程度でした。

 

工芸品は「作られた時期」

「作者」「作られた場所」で

価値が決まるといっていいでしょう。

もちろん、古くても保存状態が良ければ

 

さらに価値は上がります。

しかし、普通の人が作られた時期や

作者を特定するのは困難なので

もし良さそうな工芸品が自宅に眠っていたら

一度専門家に鑑定してもらってから

メルカリに出してみるのがいいと思います。

 

定価で購入できる響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

 

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メインコンテンツ

またまた響17年を定価で購入!

またまた響17年を定価で購入!

空港で購入してきた響17年

いま「響17年」を購入するのであれば

どこにありそうか考えてみよう。

あるところにある。

 

「響17年」を飲むのであれば

まずは少量ストレートで楽しみたい。

フルーティーなので、ハチミツのような

トロッとした風味が五感を喜ばせる。

あまり冷やすと、香りが立たないので

常温がおすすめ。

 

すぐには飲み込まず、口の中で

転がしながら味わってみよう。

すると、徐々に樽由来の

バニラ香が出てきて、ややスパイシーな

風味も出現してくる。

それらが三位一体となり

余韻が大変心地の良い

楽園のように広がるはずだ。

 

樽由来のバニラ香が穏やかになり

甘さが引き立つのだ。

もちろん、樽由来の

ボリュームのある風味が

穏やかになれば

今度はピート感があらわれて

スモーキーさも出現し複雑性が増す。

響17年の販売店を大公開!

こちらの響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

白州12年は6月頃から、響17年は9月頃から販売休止

 

なぜ販売停止となった?

国内でウイスキー人気が高まったのに伴い

両商品の需要が想定を超えて拡大してしまいました。

 

「白州12年」は最低12年以上

「響17年」は最低17年以上

寝かせた原酒を使用する商品ですが

当時見込んでいた生産数量と

実際の需要が見合わなくなり

熟成させた原酒が不足して製造が

困難になってしまったため

販売休止は在庫がなくなり次第で

「白州12年」は6月頃から

「響17年」は9月頃からになる見通し。

 

再開時期は現時点では未定です。

「白州18年」「響21年」など

ウイスキーの需要が

 

今後も増えていくと予想しており

原酒を熟成する樽の貯蔵能力を

拡大するなど設備投資していく

予定だそうです。

 

響17年を定価10,800円で購入しました。

サントリーの代表的な

ウイスキー「山崎」といえば

今や日本どころか世界的に有名なウイスキー。

 

あまりの人気ぶりにここ数年は

品切れ・品薄状態が続いており

酒販店やスーパーではなかなか

お目にかかることができない

状態となっています。

 

当然のことながら、バーや

飲食店ですら仕入れることが

難しくなっており、「買う」

どころか「飲む」ことすら

難しいウイスキーとなっています。

 

それもあってかネット通販では

山崎12年など山崎ブランドの

ほぼ全てが定価の倍近くの

値段で売られており、それでも

売れているのですから

いわば替えのきかない

ウイスキーなのでしょう。

 

とはいえ現在の品切れ

品薄状態は明らかに

嘆かわしいことです。

 

そんな響17年を定価10,800円で購入しました。

まだまだ定価で購入できます!

 

響17年の販売店を大公開!

 

こちらの定価で購入できる響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス