やさしい日本経済情勢

運送業界の値上げ対策

運送業界の人手不足で運賃値上げラッシュ!


昨年末の佐川急便のパンクから始まり

ここ最近のヤマト運輸の騒動までの

一連の流れで、日本の運送業界の

非常に厳しい現状が世の中にも

知られるようになってきました。

 

クリスマスからお歳暮に至る

年末年始の運送の混乱は

ここ数年毎年の風物詩になり

つつありましたが、昨年末は

特にひどかったようで

佐川急便の遅配で

大きな影響を受けました。

 

激務の割に薄給の運送業界に

人が集まりにくくなっている

という話は何もここ1、2年の

話ではありません。

 

長年だましだまし来ていた所に

アベノミクス以降の景気回復で

人手不足に加速がかかり

キツイ業界に人が集まらなく

なってしまったのでしょう。

 

給料を上げようにも

そもそも薄利で人件費の割合の

高い業界ですので

なかなか給料を上げるのが

難しいのも分かります。

 

今や宅配便業界の荷物の

多くをネット通販の荷物が

占めますが、ネット通販では

送料無料がもはや常識に

なってしまっているので

ショップ側も少しでも安い

運賃契約をしなければいけません。

 

そもそも、次元の違うほど

圧倒的な最大手のアマゾンが

日本で一番安い運賃契約を

しているのですから

 

その時点で

零細のネットショップは差を

つけられてしまっているわけです。

 

少しでも運賃差が縮まるように

頑張って運賃交渉しないと

運賃差だけで勝敗が決まって

しまいかねません。

 

ヤマト運輸は数年前まで

佐川急便と契約していましたが

あまりの契約運賃の安さに

佐川急便から契約を

解除されてしまいます。

 

もともと安さを武器に

シェアを拡大してきた佐川急便は

アマゾンを取り扱うようになった時点で

それまで業界の巨人であった

ヤマト運輸とシェアでほぼ肩を

並べるレベルまでになりました。

 

ただ、そのあたりを

境に適正な利益を追求すると

いう方向に舵を切り

アマゾンを切ったのと

同時に一般の事業所でも

新規の取引の場合は昔の様な

激安運賃では契約しなく

なっているようです。

 

2006年の時点で近県ですと

 

60サイズ300円

100サイズ400円

140サイズ600円

160サイズ800円

 

でした。

 

今は小さいサイズは

随分値上げになって

しまいましたが、今思えば

300円で成り立つわけがありません。

 

そもそも配達店から最終的に

家庭へ配達する外部業者の傭車に

1個あたり150円程度支払って

いるわけですから、300円で

請け負ったら利益など

出ないでしょう。

赤字かもしれません。

 

それもアマゾンの場合は

サイズ距離関係なく200円台の

運賃で運送させていたと

いうのですから信じられません。

 

にわかには信じられません

でしたが200円を割っていた

なんていう根拠不明の

うわさまでありました。

 

ただ、佐川から切られてからは

ヤマトとある程度は上げられた

運賃で契約せざるをえなかったようで

無条件で送料無料から一定以上の

購入で送料無料にサービスを

変更しています。

 

一昨年アマゾンの社員を

退職される方と話していた時に

アマゾンの運賃契約の話が出ましたが

かつての佐川との契約運賃から

考えるとそんなに払っているんだ

という印象を受ける金額になっていました。

 

もちろん安いのですが

あれだけの個数を出す巨人でも

そのくらいの契約運賃が

限界なんだなと思いました。

 

それでも、今回の人手不足の

問題が出るくらいなのです。

 

ヤマト運輸がここ2年の

未払残業代をすべて支払う

というニュースが出て

ドライバーの負担を減らすために

時間帯配達サービスを見直すという

ニュースもありました。

 

運送各社が社員の

待遇改善を本格的に始めると

今の運賃では成り立たなくなります。

 

ネットショップは高単価で小さく軽い商材を選べ

そうなってくると

各社契約運賃の見直しを

ネットショップに

迫ってくることになります。

 

ある程度のクオリティで家庭まで

荷物を届けられる運送会社は

ヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックの

3社だけですので、ある程度

寡占化が進んだ業界である

ことも相まって、高い契約見直しを

迫られて即他社に乗り換え

というのも難しくなるでしょう。

 

残念ながら、取扱個数の少ない

小さなネットショップにとっては

送料負担が大きくなるのは

避けられそうもありません。

売上に占める送料の割合を下げることが重要


もはや送料が上がっていく

未来が想像できる以上

ネットショップはそれに

対応できる骨太なショップ作り

を心がけていかなくてはいけません。

 

といっても運賃はショップ側が

なんとかできることではありません。

1日1000個単位の荷物を出す

などの大きなショップなら

ある程度は運賃交渉できる

のでしょうが、世の中の殆どの

ネットショップは1日に100個も

荷物を出さないのが現実です。

 

世の中の殆どはパパママショップ

世の中のイメージに反して

殆どのショップは家族経営的な

パパママショップだと言われています。

 

あるいは、発送代行会社や

アマゾンFBAなどに頼る

という手もあります。

 

この手の物流ロジスティクスの

代行会社は、まとまった数の

荷物を取り扱うので価格交渉力があり

場合によっては発送を全て

委託してしまったほうが

安く付く場合もあります。

 

ただ、いずれにしても

物流コストそのものが

上がっていくので、長期的に

見れば運賃の値上がりは

避けられません。

 

対策はもっと根本的な

ところから始めるべきでしょう。

 

中国製のノーブランドバッグを例に計算すると

 

そもそも、あなたが

平均客単価が30万円の

 

ブランドバッグ専門の

ネットショップを運営

していたとしましょう。

 

今まで平均500円で

送れていたものが、劇的な

運賃の値上げで1000円に

なってしまったとして

致命的な問題でしょうか?

 

粗利が1つあたり1割だった

としても3万円の粗利が

出ますので、余裕があります。

 

一方、客単価3000円の

中国製のノーブランドバッグの

お店を運営していたとしましょう。

 

仕入れ単価が安いので

粗利が50%出るとしても

粗利1500円ですよ。

 

500円の運賃から1000円の

運賃になってしまったら

最終利益はなくなって

しまうかもしれません。

 

このように売上や粗利に

占める送料の割合が高いと

運賃の値上げで四苦八苦する

ことになりかねません。

 

売るものに対する送料の

割合を下げるために

粗利が取れる商材を売ると

いうことが大切です。

 

軽くて小さくて高付加価値の商材を取り扱う

昔からネットショップの経営の基本は

小型軽量・壊れない・粗利が取れる

という3つの特徴を兼ね備えた

商材が良いとされています。

 

今回は壊れないという特徴は

置いておくとして、小型軽量で

粗利が取れるということが

極めて重要であるということは

前述のとおりです。

 

小型軽量であれば当然運賃を

抑えることが出来ますし

ついでに保管コストも

下げることが出来ます。

小型軽量で粗利も大きい

ブランド品などは最高の商材です。

 

※型番商品になるので

価格競争に巻き込まれて

粗利が取れない場合もある。

 

逆に大きくて粗利を取れない

商品は悲惨なことになります。

 

例えば中国製のノーブランドの

家具なんかは大変なもので

送料は160サイズか、場合に

よってはそれを超える

特別サイズの運賃を

負担することになります。

 

それでも高付加価値で

たっぷり粗利を乗せられる

オリジナルブランドを確立して

いればなんとかなりますが

 

何の特徴もないノーブランド品

ともなれば猛烈な価格競争に

巻き込まれて、サイズの割に

ビックリするくらい少ない

粗利しか取れないことになります。

 

3万円のソファーを売って

送料が3000円かかって

粗利が1000円などという

悲惨なことにもなりかねません。

 

できるだけ小さくて

それでいて1個送るごとに

しっかりと粗利が取れる商材を

取り扱うように努めましょう。

 

そうでないと、運賃の部分で

アマゾンなどの大手のECサイトに

差をつけられて、それだけで

競争に敗れてしまうようになります。

 

ブランディングとトリプルメディア戦略をやろう!

小さなネットショップが

勝ち残っていくためには

型番商品ではない価格競争に

巻き込まれないオリジナル商品を

トリプルメディア戦略で

ブランディングして販売して

いくしか無いのです。

 

そうすれば粗利がしっかり

取れる骨太のショップに

していくことが出来ます。

ついでに商材が小型軽量で

あれば言うことなしですね。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

 

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい日本経済情勢

2018年流行トレンドに乗り爆発的に!

 

2018年流行トレンドに乗り爆発的に!

新しく何かを始めようと考えた時に

目の前に幾つかの選択肢があったとします。

 

一方は今流行のトレンドに乗り

爆発的に稼げそうだけど

廃れるのも早く息の長い商売には

ならなそうなもの。

 

もう一方は、短期的に爆発的には

稼ぐことはできそうにはないものの

 

コツコツ長く続けていけば

末永く稼ぎ続けられそうなものです。

 

極端な例ではありますが

このどちらかを

始めようと比較した際に

どちらを選ぶのが正解なのでしょうか?

 

正解はなく結果が

出るまで答えは分かりませんが

最近の世の中の流れの速さも考慮すると

私は稼げる時に稼いでおくのが

良いように思うのです。

 

主力はネットショップでの物販に移行して

その商材も主力こそ変化がありませんが

サブ商材は色々と変遷がありました。

レジャー用品から雑貨

はたまた食品まで色々と取り扱いました。

 

どれもそこそこは上手くいきましたが

世の中の流れやライバルの出現など

市場の変化は激しく、末永く

稼げているのは主力商品以外にありません。

その主力ですら最近は売上がなだらかに下落傾向にあります。

 

結局のところ、10年間ほどECに携わってきましたが

長い間競争的な商材を探求しても

それはなかなか難しいかなと感じています。

それよりも稼げる時に売れるものを

さっさと売れるだけ売り切って

しまう方が結果的に正解だった気がします。

 

ECで末永く競争力を

維持できる商材はなかなか無い

主力事業がECつまりネットショップでの物販に

変わってからも安泰とは行きませんでした。

前述の通り商品構成は年々変化しています。

ライバルの増加や検索エンジンの

順位低下など様々な要因があり

なかなか一定の地位を保つことは困難です。

特に年々ライバルが増えて

いることは大きな要因でしょう。

 

現在主力としている

商品の仕入先のメーカーの営業担当の方から聞きましたが、

長く売り上げトップの地位を

キープしていたネットショップが

さすがに近年はじわじわと

売上を落としているそうです。

その代わりに新しいショップとの

取引が年々拡大しているそう。

ネットショップとりわけ

モールに出店している場合は

先行者利益が大きく、長く出店して

大量のレビューを集めていると

モール内検索で有利になりますが

それでも老舗ショップも

安泰ではないということです。

 

環境の激変!PC:モバイル9:1 → 5:5を攻略する!

 

また環境の変化ということもあります。

この5年間はネット環境が

PCからスマホ中心に大きく変化した時期でした。

その過程でECの環境も大きく変化して

それまではPC:モバイルの比率が9:1くらい

だったものが、スマホの登場で

5:5くらいまでになりました。

ショップによっては

今やPCよりもスマホの方が

売り上げる時代です。

この過程でスマホに対応した

レスポンシブデザインのショップを

用意できなかったショップは

大きく売上を落としました。

また、スマホ時代になると

顧客の流入経路も大きく変わってきています。

PC時代はモール内検索だけではなく

検索エンジンからの流入も多かったのですが

最近のスマホユーザーはWEB検索を行わずに

はじめからアマゾンや楽天や

ヤフーショッピングなどの

モールのアプリを立ち上げ

アプリ内の検索つまりは

モール内ショッピング検索で

商品を探すようになってきています。

これからは大手モールに

出店することが必須の時代に

なってくるのかもしれません。

ライバルの増加や環境の変化など

これからも激動の時代は続くでしょう。

どんな商材を選ぼうとも

長い間安泰で稼ぎ続けてくれる

というのは極めて難しいのです。

流行りの商材で短期間で

荒稼ぎした10代起業家

流行りものなので長くても

数ヶ月で全く売れなくなって

しまうだけでなく、転売なので

ライバルの出現も早く

一度ライバルが現れれば

安売り競争になりあっという間に

商売は終了となってしまいます。

こういった手に汗握る

スピード勝負の連続は

私の性格に合わないので

爆発的に売れなくても

末永く売ることが出来る商材を

選んだのですが、10年経ってみて

結果を見てみれば10代起業家の

商売のほうが正解でした。

稼げる時に稼げるだけ

稼いでおくのが吉

あまりに息が短くサイクルが

早いトレンドの商材は

嫌っていた私ですが

結果を見れば流行りものに

飛びつき短期間で販売してしまう

商材のほうが儲かった

のかもしれません。

息が長い商材を必死に探しても

結局のところそう長く競争力を

保つことは難しいので

結局常に新しい商材や商売を

模索しなければいけない

ということなのです。

常に変化していくのが

流行というものなのです。

絶対の安定などありません。

ということで

長く続けられる云々ではなく

今一番稼げる商売に取り組む

ことが一番良いのではないでしょうか。

稼げなくなったら

新しい商売に取り組む

こういった柔軟な変化に

富んだ思考ができないと

なかなか商売の世界で

生き残っていくのは難しい

のだと思います。

そもそも小金をダラダラと

稼ぎ続けるよりも、短期間で

大金を稼いだほうが良いに

決まっています。

今すぐ稼ぐ1億円と

今から10年間

毎年1000万円稼ぐのは

全く価値が異なるのです。

2年目に稼ぐ1000万円も

10年目に稼ぐ1000万円も

割引現在価値を考えると

1000万円の価値はありません。

1年目に1億稼げれば

その1億を投資して

年利10%で回せば

複利を考えなくても

10年後には2億に

なっているわけです。

一方、1年に

1000万円ずつ稼いでも

毎年1000万円ずつしか

投資できずに10年後には

1億5000万円程度にしかなりません。

単利でこれですから

複利になればその差は

さらに広がります。

 

今すぐに稼げるだけ動くのが吉!

今すぐに確実に稼げるだけ

稼いでしまうということには

これだけ大きな意味があるのです。

長く稼げる商売を模索するのも

素晴らしいことですが

これだけ変化の激しい時代に

なってきているわけですから

稼げる時に稼げるだけ

稼いでおくということが

非常に大切になってきている

のではないでしょうか。

 

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい海外アパレルバイヤーのはじめかた

2018年版トレンドカラーファッション

『BUYMA』とは?

 

海外の旅行先で見つけたきれいな服や

靴を手軽に販売ができたら嬉しいです。

 

もし、旅先で販売ができるのであれば

海外にいながら滞在費を作ることもできます。

 

しかし、自分のネットショップを作るのは

大変ですし、そこまで本格的なことは

したくない方も多いはずです。

 

そんな方に便利なサイトが

『BUYMA』です。

 

このサイトは、海外にいるバイヤーと

海外のブランド品が欲しい日本人と

をつなげるプラットフォームを

提供しています。

 

あなたも、海外旅行に行ったときに

気軽に出品するだけで、海外バイヤーの

仲間入りです。

 

もう少し本格的に販売したいのであれば

現地に住んでいる日本人と連携して

大きくしていくこともできます。

 

はじめてみたい。

でもあまりリスクを取りたくない

という方には、この『BUYMA』を

お勧めいたします。

 

 

日本人が気にすること

 

日本国内で海外のブランド品を

購入する場合は「偽者ではないか?」

を気にする方が多いです。

 

そのため本物を求める人であれば

日本の正規代理店で購入するのが

一般的です。

 

なるべく安く

ブランド品を購入したい場合は

ドンキホーテなどで

「並行輸入品」を

購入する方が多いです。

 

しかし『BUYMA』は

どちらでもありません。

 

海外バイヤーと購入者をつなげる新しい仕組みを開発

『BUYMA』は

海外の販売者と日本の購入者を

自社のサービスで直接つないでいます。

 

これにより同じブランド品を

購入する場合であっても

他の流通よりも安い価格で

商品を購入することができます。

 

それが、『BUYMA』の利用者が

急増している一因になっています。

 

つまり、既存の流通を壊して

新しい販売網を作ったことにより

事業が成長しているのです。

 

たとえば、海外のブランド品が

日本の一般消費者に届くには

少なくても次の業者を経由します。

 

海外の業者

日本の輸入業者

小売業者

一般消費者

 

実際には、これに加えて

輸出や輸入をするための

専門業者が間に入るため

どうしても海外と日本との価格に

開きができてしまいます。

 

『BUYMA』は

この間を仲介する業者を

インターネットの力で追い出してしまい

海外にいるバイヤーと日本の

一般消費者をつなげる新しい仕組みを

作ったのです。

 

では、この『BUYMA』という

仕組みとは、どのような

ものなのでしょうか?

 

世界中のブランド品を安心でつなげた新しいサービス

『BUYMA』は

海外にいるバイヤーと

日本の消費者をつなげる

サービスを提供しています。

 

具体的には、アパレルや

ブランド品を販売したい人は

「パーソナルショッパー」として

『BUYMA』に登録します。

 

この登録や出品には

手数料はかかりません。

 

その代わり、物が売れたときには

売買金額の「5%」を手数料として

引かれる仕組みになっています。

 

物が売れるまでは「無料」で

販売ができるため

とても使い勝手が良いです。

 

『BUYMA』で購入する側の魅力はどこにあるの?

 

一方、物を購入する側を

確認してみましょう。

 

商品を購入する側で気になるのは

「商品がしっかり、届くのか」

「偽者を買わされないか」

ということですね。

 

この点は、『BUYMA』の

サポートシステムや保障制度が

存在するため、完全に個人間で売買を

するよりも格段に安全性が高い

仕組みとなっています。

 

たとえば、『BUYMA』が

提供するサービスの1つとして

「あんしん保障制度」があります。

 

商品を購入するときに

このサービスに加入しておけば

輸送中の事故や盗難品

偽物などの被害から

購入者を救済してくれます。

 

また、海外にいるバイヤーとの

決済は『BUYMA』と通して

行われるため

 

「お金を支払ったのに商品が届かない」

という心配もありません。

 

『BUYMA』の利用を検討している方は

「安全なのか?」

「偽物を販売していないか?」

と疑問を感じやすいです。

 

実は、これには2つの

大きな誤解があります。

「安全なのか?」ということですが

まず、商品を販売しているのは

『BUYMA』ではない

ということです。

 

『BUYMA』は

楽天市場と同じように

「売買をする場」を提供している会社です。

 

この『BUYMA』の中で

海外にいるバイヤーと日本の消費者が

自由に売買を行っているということです。

 

もちろん『BUYMA』が

提供している場の中で取引をする

わけですから、『BUYMA』が

決めているルールに沿って取引を

進める必要があります。

 

2つ目の間違いは

「偽物を販売していないか?」

ということです。

 

商品を販売しているのは

バイヤーとして登録している

「パーソナルショッパー」の皆さんです。

 

この方たちは、『BUYMA』の

ルールに沿って販売活動をしています。

 

多くの方は、しっかりと

ルール通りに行いますが

中には「偽物を販売する人」が

いるのも事実です。

 

これは、『BUYMA』という

サービス上、仕方がないことです。

つまり、この偽物を買わされるかどうかは

『BUYMA』ではなく

『BUYMA』に登録している

パーソナルショッパー次第ということです。

 

ここまでは、『BUYMA』を

購入者として利用する場合の特徴を

お伝えしてきました。

 

『BUYMA』で販売する側の魅力はどこにあるの?

 

では、販売者としての魅力は

どこにあるのでしょうか?

 

インターネットで商品を販売するときは

ヤフオク、アマゾン、メルカリなどがあります。

 

これらを利用すれば

『BUYMA』を利用する必要がないのでは?

と感じるかもしれません。

 

しかし、『BUYMA』はこれらのサービスとは

全く異なる仕組みを取り入れています。

 

それが「無在庫販売」です。

無在庫販売は

自分が在庫を抱えないまま

販売することを指します。

 

一般的に商品を販売するときは

ある一定の在庫を抱えて行うため

商品が売れないときは

この在庫分がそのままリスクになります。

 

しかし、『BUYMA』の場合は

自分が販売している商品が注文されてから

仕入れを行う仕組みをとっているため

在庫リスクはゼロになります。

 

海外のアパレルやブランド品を

気軽に販売できる『BUYMA』は

輸入の初心者や在庫を抱えたくない人に

便利なサービスです。

 

何か輸入を始めたい、でもできるだけ

リスクを小さくしたいという方は

ぜひ挑戦をお勧めをします。

 

こちらが参考になります。

 

プレミアムパーソナルショッパーのバイヤー入門

 

 

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス