メインコンテンツ

品薄状態が続く山崎12年●●にありました!

 

ウイスキーファンの間で圧倒的な人気を誇り

NHKの連続テレビ小説「マッサン」の放送により

ウイスキー人気に拍車がかかったことで

品薄状態が続く山崎12年。

 

実は、サントリーの代表作となった

「山崎」の原点が山崎12年なのです。

1984年にシングルモルトウイスキーとして登場し

多様な年代のヴィンテージが生まれ

バリエーションも豊かになった山崎の中でも

原点のウイスキーとして根強い人気があります。

 

ウイスキー「山崎」は世界の品評会で

毎年のように賞を受賞し、世界中から

人気を集めるウイスキーに成長しています。

その扉をこじ開けたのも実は山崎12年。

 

権威ある品評会、インターナショナル

スピリッツ・チャレンジ (ISC)の

2003年大会で山崎12年が金賞を

受賞したのがISCでの日本企業初の金賞。

 

その後、山崎12年はSWSCなどでも受賞しています。

ウイスキーは原酒を長い間熟成させて造るため

他のお酒に比べて手間がかかり

多く造ることができないお酒です。

 

そのため、NHKの連続テレビ小説

「マッサン」の放映やハイボール人気

などによるウイスキー需要の急激な高まりに

原酒の数が追い付かず品薄になりました。

 

この品薄の影響でさらに山崎12年の

人気が高まることにもなったのです。

 

そんな山崎12年が

いわき駅前のラトブにあるHIFUMIYAで

定価販売されていましたのでお伝えします。

 

定価で購入できる響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メインコンテンツ

メルカリで高値で売れるペコちゃん人形200,000円 & ライカ フィルムカメラ 300,000円

ご存知日本最大級のフリマアプリ、メルカリ。

ファッション関連から大型の家具まで

幅広い商品が常に出品されています。

 

誰もが欲しい旬の商品から、誰が必要なの!?

とおもわず首を捻ってしまう不思議な商品まで

本当にさまざまな商品が出品されています。

 

中には一見ガラクタのようでも

意外な高値で売れている商品もあります。

 

今回は高く売れる商品をはじめ

意外にも高値が付く商品

不用品にしか見えないのに

なぜか売れている商品などを紹介します。

 

あなたの家に眠っているものがあるかも。

 

「あっ、そういえば」というものがあれば

メルカリで出品してみてはいかがでしょうか?

 

 

・フォルクスワーゲン (カルマンギア) 600,000円

・リーバイス (大戦モデル) 160,000円

・ギブソンギター (1969製) 160,000円

・IWC 腕時計(1963年製) 1,150,00円

・コンバース

(チャックテイラー 1970年代スニーカー)179,000円

・ペコちゃん人形 1,000円~65,000円

・ライカ フィルムカメラ 300,000円

 

レトロ品は現存数が

年々減っていくため価値は

高騰気味昭和の匂いを感じる

レトロ品。

 

保存状態の良いものがそもそも少なく

また年々現存数が減っていくため

値段は下がらずむしろ上がる

傾向にあります。

 

もう新しい物は発売されないので

当然と言えば当然ですね。

レトロカーで人気と言えば

フォルクスワーゲン。

 

有名なワーゲンバスやビートルは

ボロボロの車体でも

レストアベースとして

人気があります。

 

エンジンが壊れたような

不動車でもボディの状態に

よっては値段が付きます。

 

今回調べた中では、

カルマンギアという

ビートルをベースにした

スポーツタイプが600,000円

という価格で売れていました。

 

芸能人にもファンが多い

ヴィンテージのリーバイスは

1940年に販売された501

 

いわゆる「大戦モデル」という

シリーズが人気です。

平均でも100,000円を超える

価格で落札されており

 

他のシリーズも1900年代のものは

かなりの高額でした。

 

ギターメーカーのギブソンや

高級腕時計メーカーのIWCは

もともとが高額なため

古いモデルでも

110,000円~160,000円。

 

これだけ古くなっても

価値を保っているのは

やはり根強いファンが

いるからなのでしょう。

 

そして、レトロなスニーカー

と言えばコンバース。

 

もう販売されていない

いわゆるデッドストックの中には

恐ろしい価格で売れるものがあります。

 

1970年発売のチャックテイラーは

新品未使用ならなんと179,000円!

 

1970年くらいのものなら

自宅の押し入れに眠ってそうですよね。

ペコちゃん人形や

ライカのカメラといった

今の30~50代くらいの方が

懐かしく感じるものも

高値が付きます。

 

昭和初期のものなら、

数万円~数十万円でも

すぐに売れることが

あるようです。

 

レトロ品を販売する際の

注意点として

こういったレトロ品は

結構な数の「復刻版」が

販売されています。

 

復刻版にはプレミア価格が

ほぼつかないため、

ご注意ください。

 

また、レトロ品だと思って

復刻版を売ってしまうと

のちのちトラブルに

もなりますのでご注意ください。

 

定価で購入できる響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メインコンテンツ

メルカリで高値で売れる鉄瓶、花瓶、市松人形、硯

 

ご存知日本最大級のフリマアプリ、メルカリ。

ファッション関連から大型の家具まで

幅広い商品が常に出品されています。

 

誰もが欲しい旬の商品から、誰が必要なの!?

とおもわず首を捻ってしまう不思議な商品まで

本当にさまざまな商品が出品されています。

 

中には一見ガラクタのようでも

意外な高値で売れている商品もあります。

 

今回は高く売れる商品をはじめ

意外にも高値が付く商品

 

不用品にしか見えないのに

なぜか売れている商品などを紹介します。

 

あなたの家に眠っているものがあるかも。

「あっ、そういえば」というものがあれば

メルカリで出品してみてはいかがでしょうか?

 

・鉄瓶 1,000~120,000円

・花瓶 300~80,000円

・市松人形 1,000~58,000円

・火鉢 10,000~50,000円

・木彫り面 1,000~35,000円

・硯(すずり) 1,000円~30,000円

・つげ櫛 300~35,000円

 

普段見かけない珍しい工芸品は

高値で売れやすい普段の生活では

なかなか手に入れる機会のない工芸品。

 

売れるかどうかは値段によりますが

ユーザーからの興味は高いようです。

 

出品数に対して、需要が若干上回っているようです。

お値段がピンキリなのは

 

・名工の作によるものか

・単なるお土産品レベルなのかによって価値が変わってくるためです。

 

普通の鉄瓶は1,000円ほどですが

例えば「龍文堂」と書かれた

鉄瓶は120,000円で売れていました。

 

花瓶は人間国宝、徳田八十吉の作品が80,000円。

本来の相場(600,000円〜4,000,000円)から言えば

この価格でも相場の1割くらいなので

売れるのは当然ですね。

 

普通の花瓶は100円均一ショップでも買えるので

需要はあまりなさそうです。

 

市松人形や硯は、作られた時期や

作られた場所によって、値段が大きく変わります。

 

大正時代に作られた市松人形は

1体58,000円。中国の有名な産地で

作られた硯は、30,000円。

そうでないものは、やはり1,000円程度でした。

 

工芸品は「作られた時期」

「作者」「作られた場所」で

価値が決まるといっていいでしょう。

もちろん、古くても保存状態が良ければ

 

さらに価値は上がります。

しかし、普通の人が作られた時期や

作者を特定するのは困難なので

もし良さそうな工芸品が自宅に眠っていたら

一度専門家に鑑定してもらってから

メルカリに出してみるのがいいと思います。

 

定価で購入できる響17年の販売店についても

メルマガ@限定でお伝えしております。

ぜひご活用ください。

 

読者のみなさんへ

それでは、明日もよろしくお願いします。

 

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス