やさしい海外輸入のはじめかた

Amazon輸出のFBA戦略


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

import2
なぜ輸出はFBA出品しない方がいいのか?

世間ではFBA出品がいいと言われているのになぜか?

輸出で扱う商品は
日本にしかないニッチな物で攻めるべきです。

FBAに納品した時点で
海外の倉庫から発送するわけで
日本から商品が届くと言う
付加価値が失われてしまいます。

アメリカから日本の陶器が届くのと
日本から日本の陶器が届くのでは
その価値が大きく異なってきます。

そうすると大口出品で登録している限り
発送日数を1週間以上に伸ばすことが出来るので
無在庫で出品して海外で注文が入ったら
発送というノーリスクでビジネスを行うことが出来ます。

クレジットカードの支払いは
1か月から2か月後、
Amazonの振り込みはおよそ20日後。

売れてから発送するのでリスクはほとんどありません。
唯一のリスクは返品リスクですが
Made in Japanのクオリティで
不良品はめったにありません。

発送方法をEMSにすれば
保証も利くのでおすすめです。

輸入は絶対FBAを使ってください。
輸出は基本的に使わなくていいです。

それにはもう一つ大きな理由があって
FBAだと一部地域にしか売れないからです。

アメリカのFBA倉庫に納品すれば
アメリカでしか売れません。

ヨーロッパという巨大なマーケットを
逃しているのです。

となれば両方に出品して
売れた方に発送すれば
売り上げupに繋がることは
ご理解頂けるでしょう。

在庫も基本的に無限にあるので
自らキャンセルしなければいけないケースも
ほとんどありません。

なんでもかんでも
FBAがいいというわけではありません、
時に常識を疑うことが大切です。

もちろんどんどん売れる物については
FBA納品を仕掛けた方が送料が安く済むので
臨機応変な対応が求められます。

勉強になったらボタン押してください。

次回に続く

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい海外輸入のはじめかた

個人輸入転売の違法性


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

import1
個人輸入として商品を輸入すると
税率が安くなるので転売目的で購入すると違法です。

しかし個人で商用目的で輸入して
転売するという意味での
個人輸入転売は違法ではありません。

これは正式には小口輸入といいます。

しかし小口輸入という言い方は
貿易に詳しい人しか知らないので
みな個人輸入と言っています。

そして個人輸入転売は違法という
情報を見つけて焦っているようです。

しかし商品を1個だけ輸入して
売る、なんて人はいないでしょう。

実際線引きがどこで行われているかは分かりませんが
一定量以上輸入すれば勝手に
商用利用と判断され課税されます。

どちらかと言うと国内転売のほうが要注意です。
こちらは商用目的で商品を仕入れて販売する場合
古物商の免許が必要です。

ちなみに商用目的で海外輸入を行い国内で売る分には
古物商の許可入りません。
警視庁のホームページにちゃんと買いてあります。

また副業でやるにしても雑所得20万円以上は
課税対象なので確定申告しないと脱税になります。

額が小さければ追徴課税で住みますが
悪質だと重加算税が課せられ
逮捕される場合もあるので気をつけましょう。

と言ってもまじめにビジネスをしている人には
関係ありませんのでご安心ください。

再び関税の話に戻りますが
商用目的でない個人輸入の場合でも
関税がかからないということはありません。

個人用品特例として商品代金の
60%に対して関税が課せられます。

税関がどうやって商品代金を
判断しているかというと
基本的にインボイス(輸出入に必要な書類)を
参考にしていることになりますが
各国税関では統計品目番号毎に
ある程度幅を持たせた単価を
資料として保有しているので
アンダーバリュー(不正)を行うと
税関で止まります。

アンダーバリューは節税ではなく
脱税なので絶対にしてはいけません。

また関税がかからない商品
例えば車のパーツを輸入したのに
何故か追加で料金を請求された
という場合それは消費税を
請求されていることになります。

ちなみに輸出は非課税です。
輸入者側は現地の法律に基づき課税

関税に関して困った事があれば税関に電話すると
色々丁寧に教えてくれるのでおすすめです。

また物販をビジネスとしてやるなら
税理士は必須になってくるので
貿易に強い税理士を選びましょう!

そう感じたらボタン押してください。

次回に続く

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メインコンテンツ

Amazon? 楽天? ヤフオク?


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

amazon
ネットで買い物をするとき
どのようなWebサイトを利用されていますか?

Amazon? 楽天? ヤフオク?

人それぞれ、利用するWebサイトは様々です。
中には、価格コムなどの比較サイトで
価格を調べて最安値のお店で
購入するという方もいるでしょう。

そんな中
気がつくことはありませんか?

そう、同じ商品を購入するにしても
お店によって「値段が違う」のです。

例えばヤマダ電機とヨドバシカメラで
同じ商品の価格が異なるように
ネット上のお店でも、同じ商品に
異なる価格が付けられています。

そのお店が大量に仕入れて
目玉商品として売り出している場合も
あるでしょうし、たまたまセール中だった
というラッキーな場合もあるかもしれません。

それでは
仮に一番安いお店で商品を購入し

それよりも高い値段で
あなたが販売したとしたら。

その差額は、あなたの利益となるわけです。

もちろん、送料や販売にかかる各種手数料
あなた自身の手間賃などを考慮に入れて
それでもなお利益の出る価格差で
販売する必要はあります。

しかし、こうした費用を差し引いても
利益の出る商品はごろごろしている
というのが現状なのです。

こうした国内店舗間の価格差を
さらに世界規模の価格差にまで拡張して
稼ぐことができるのです。

例えばAmazonは
世界中に店舗を持っています。

そして
日本のAmazonで販売している商品が

アメリカのAmazonでは
その半額以下の価格で
販売されている。

ということも珍しくありません。

需要と供給、また流通などの関係で
日本に来るまでに価格が
跳ね上がっているのです。

それがあなたがほしいと思っていた
商品であった場合、日本のAmazonではなく
アメリカのAmazonで購入するだけで
あなたは少し得をします。

しかし、その商品を欲しいと思っている
日本人がたくさんいた場合
他の人に販売する分を大量に購入し

日本のAmazonでの価格よりも
少し安い価格で販売すれば
それは大きな利益を生むかもしれません。

これが、ネットを利用した
「個人輸入」で稼ぐ、基本の考え方なのです。

それとは反対に
異なる国どうしの価格差を利用して
「個人輸出」で稼ぐ方法もあります。

日本のAmazonで安く購入した商品を
アメリカのAmazonで高く販売するわけです。

輸入に比べて面倒なことは多いものの
その分参入者が少なく、個人輸入よりも
稼げる幅は大きいと言われています。

ここで、あることに気づきませんか?

これまで
「Amazon」で買って「Amazon」で売る
ということをお話してきました。

しかしこれは
必ずしもAmazonである必要はないのです。

価格差によるメリットを享受できるのなら

楽天でも、ヤフオク!でも
単独のショップでも
実店舗でも構わないのです。

そんな中
今注目を集めているのが「eBay」です。

eBayは、世界最大規模の
オークションサイトです。

ヤフオク!と同様
オークション形式の出品もできますし

価格を固定しての販売も可能です。

英語のサイトしかないため日本人には敷居が高く
Amazonに比べて参入者が少ないのが現状です。

しかし、eBayの顧客は世界中に存在し
その数1億5000万人と言われています。
ヤフオク!や楽天の比ではありません。

こうした英語のハードルは
実は皆さんが思っているほど
高いものではありません。

売買で英語が必要な機会は
非常に限られています。

また、翻訳ツールなどを使えば
対応可能な場面も少なくありません。

安く買って高く売る
個人輸入と輸出を実践することができます。

ちらっとでも「いいかも?」と思われたなら
まずは、その全貌を把握してみませんか?

迷うのはそれからでも、遅くはないはずです。

yazirushiお申込み




次回に続く

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス