やさしい国内物販のはじめかた

ネットショップを開店して商売をするには?



ネットショップを開店して
商売をするということは

一時的に爆発的に売れる転売商材を
次々乗り換えて行くということと
対極にある、末永く売上が続いていく
独自の商材を開発するということなのです。

しかし、独自商材はそれ自体に
知名度や集客力があるわけではないので
出店してもすぐには売れません。

じっくりと商品ページを作りこんで
広告費をかけて集客をして
時間をかけてショップと商品の
ブランディングを行っていく必要があるのです。

もう少し本質的なことを申し上げると
転売は仕入れ力の商売、ネットショップは
販売力の商売ということになります。
もちろん例外はいくらでもあります
あくまで一般的にということです。

転売は人気商品の
集客力に頼った商売ですので
集客のことなど考えずに

いかに相場よりも安く仕入れるか
ということが重要です。

相場というのはヤフオクや
アマゾンで売れている値段のことですね。
これよりも安く仕入れさえすれば
確実に収益が上がるわけです。

一方、ネットショップは
独自の商品を販売ページ上で
如何に観せて、如何にブランディング
出来るかというところが肝になります。

安く仕入れられれば
それに越したことはありませんが
そもそも相場よりも安く調達できるなら
わざわざネットショップを開店しなくても
ヤフオクやアマゾンに出品すればよいわけです。

ネットショップの最大の魅力は
商品自体には知名度も
集客力もないものをブランディング化して
流行り廃りなく末永く販売できる点にあります。

仕入れの転売に対して
販売力が肝になる商売なのです。

こういったことを理解していないと
せっかくネットショップを開店しても
有名商品を限界まで値引き合戦して売ったり
無駄な広告費を払ったりと
売上ばかりが上がり利益が
上がらない体質になってしまうのです。

今転売で収益を上げている方は
このように転売とネットショップでは
商売の中身がまるで違うんだ
ということを理解しておく必要があります。

何度も繰り返しますが
安く仕入れられるなら
転売を続ければいいわけで
わざわざネットショップを作る必要もないのです。

ただし、ヤフオクやアマゾンの
プラットフォームに頼り続ける
ことになるのでアカウント停止のリスク
が一生ついてまわります。

そのため、ネットショップを開店して
2箇所で販売を行っていくのが賢いです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。


メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

ヤフオクで売れるのは商品自体の集客力があるからです


個人の副業で転売をやっている方
なぜ簡単に売れると思いますか?

それは、商品自体に
非常に集客力があるからです。

転売商材を考える時に
売れている商品を選ぶのは
基本中の基本ですよね。

多くの方は今まさに旬の人気商材を
いち早く手掛けるという方が
多いのではないでしょうか。

商品自体が人気で品薄になったものを
ヤフオクやアマゾンで売ったり
内外価格差を利用して国内正規価格より
も安く売ったりすれば
消費者が飛びつくのは当然です。

少しくらい高くても
品薄商品を今すぐ欲しい人は購入しますし
並行輸入品が国内正規価格よりも
安かったら飛びつくでしょう。

つまりは転売の場合
人気商品の集客力に
乗っかっているから
簡単に売れるわけです。

ただし、ヤフオクやアマゾンの
プラットフォームに頼り続けることに
なるのでアカウント停止のリスクが
一生ついてまわります。

突然売上げが停止のリスクに備えて
ネットショップを開店して
2箇所で販売を行っていくのが賢いです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。

読者のみなさんへ
それでは、明日もよろしくお願いします。

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

ネットで利益を出すためには?


ネットで利益を出すためには
ただ商品を出品するだけではいけません。

ニーズに合った商品を仕入れ
そして購入者にとってお得感がある
価格で販売することが大切です。

販売価格は
仕入れ値によって決めるため
特に大切なことは仕入れだと
考えられがちですが

販売についても
仕入れと同じくらい
重要なのです。

まずは商品の
仕入れについて考えます。

仕入れで大切なことは
人気商品を安価で仕入れることです。

人気がある商品は
その時々のトレンドを読み
できるだけそのトレンドが
上昇傾向にあるうちに
見極めることが必要になります。

トレンドがピークに
達してしまったり、下降線を
辿っているときに人気がある
商品だと気付いてもその時点で
ニーズは減り始めているため
大きな利益は生まれません。

実際に商品の仕入れをするときは
インターネット上で探すだけで
なく自分の足を使うことも
忘れてはいけません。

実店舗でも意外な安値で
商品が売られていることがあるのです。

実店舗の場合は
競争相手が少ないので
一度に大量入手することもできます。

インターネットを使う場合は
海外サイトも視野に入れると
仕入れ先が一気に拡大します。

人気商品を安価で
仕入れることに成功したら
次は高い価格で販売することが
目標になります。

現在はネットオークションに
加えてフリマアプリが活況を
呈しているため
販路が広がりました。

オークションは
複数の購入希望者がいれば
予想外に高値が付くことも
あるものの、出品価格が
相場からかけ離れていたり

購入希望者が少ないと
思ったような価格で売れない
ことがある一方で

フリマアプリは提示した価格で
売れるという違いがあります。

商品によってオークションに
出品するのかフリマアプリに
出品するのかを使い分けると
良いでしょう。

一般的に、女性や子ども向けの
商品はフリマアプリに出品した方が
早く買い手が付くため
回転率が高くなって
大きな利益に繋がる傾向があります。

貴重な商品であれば
フリマアプリよりも
オークションに出品した方が
高値が付きます。

また、オークションと
フリマアプリの両方に
出品することも可能ですが
在庫管理には特に
気を配ることが大切です。

購入者が決まったにも
かかわらず在庫切れを
起こしてしまうと

販売機会を失うだけでなく
信用も失ってしまうのです。

ネットで利益を出すためには
安く買って高く売ることが基本です。

その基本に加えて
仕入れや販売先を工夫する
ことで利益を上乗せしていくのです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。



メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス