メインコンテンツ

お得に活用!2016年4月開始の電力の自由化



日本では、2016年4月から
電力の自由化が始まっており
各電力会社が様々なプランを
誕生させています。

電力の自由化が始まる前は
住んでいる地域の電力会社としか
契約を行うことができませんでした。

日本では、大手企業が電力を
独占して販売していたのです。

しかし、法律が改正されて
参入規制が緩和されたため
ネオコーポレーションなど
新しく参入した会社も一般の
家庭に電力を販売することが
可能となったのです。

現在は、電気を作る発電部門と
電気を送る送配電部門
電気を売る小売部門が
一体となっています。

しかし、2020年4月には
送配電部門が切り離されるのです。

発電部門と小売部門には
様々な会社が参入して
競争が激化すると予測されています。

一方、送配電部門は
効率性の問題もあり
従来の独占が認められています。

小売部門では、セット割引などの
サービスが誕生しており
乗り換えを考える人も
増えているのです。

電力の自由化により
注目を集めているのが
スマートメーターです。

スマートメーターは
通信機能を持つ装置で
電気使用量を計測する
ことができます。

多くの家庭では
アナログ式のメーターが
設置されています。

このメーターは
誘導型電力量計と呼ばれ
使用した電力を積算して計量し
使った電力の量に応じて
毎月の電気料金が決定しています。

電力の自由化により
電力会社を切り替えた場合は
アナログ式のメーターから
スマートメーターに
無料で交換できます。

スマートメーターと
アナログ式メーターの違いは
主に2つあります。

1つは、通信機能の搭載です。

スマートメーターには
通信機能が搭載されており
通信回線を通じて
電気の使用量をチェック
することができます。

これまでは、検針員が
電気量をチェックしていましたが
スマートメーターを設置すれば
検針員が行っていた
作業を省けるのです。

引越しをする場合
アナログ式メーターだと
検針に立ち会う必要がありますが
スマートメーターなら
その必要もなくなります。

契約アンペアを
変更する時も、遠隔操作によって
スマートメーターの
アンペア設定ができるので便利です。

また、ブレーカーを
取り替える時に停電が
起こることもなくなります。

スマートメーターは
30分単位での電気使用量が可能です。

アナログ式メーターだと
電気の使用量は1か月単位
でしか計測できませんでした。

しかし、スマートメーターを
導入すれば、30分単位で
電気の使用量を計測できるのです。

30分単位で電気の使用量を
計測することができれば
電気の節約対策も
立てやすくなります。

スマートメーターを
設置することで、電気の
使用データを電力会社の
ホームページで確認することが
できるようになります。

家庭にエネルギーを
節約するための管理システムが
あれば、家電製品それぞれの
電力の消費も把握できます。

どの時間帯に
どのくらい電気を使っているか
把握できると、電気の無駄が
目に見えてわかります。

電力の自由化には
様々なメリットがありますが
そのひとつが電気料金の多様化です。

ライバルが多いため
各会社とも魅力的な
料金プランを出しています。

一般的な電気料金プランは
毎月の電気使用量の
総量に応じて料金が決まります。

しかし、スマートメーターによって
30分単位での計測が可能になると
生活のリズムに合わせた
新しい料金プランが増える
可能性が指摘されています。

海外の先進国では
すでにスマートメーターの
普及が進んでいます。

スマートメーターを設置すると
計画停電を行う時に
細やかな電力制御が可能なのです。

災害時に病院の停電を
防ぐこともできます。

また、太陽光などによる
再生可能エネルギーで発電した電気を
電気網に取り込むことも
容易にできるようになります。

スマートメーターは
通信機能が搭載されているため
セキュリティを心配する人もいます。

しかし、企業側では
国際標準に準拠した
高度な暗号化セキュリティ技術を
採用するなどして対策を行っています。

電力自由化を
きっかけにして、家計の
スリム化を図る人も多くなっています。

電力の自由化で太陽光発電も
大きな注目を集めています。

新規に参入している会社には
ユニークな会社も多いです。

自宅に太陽光発電設備を
設置して、そこで作られた
電気を直接使用できるサービスは
様々なメディアでも
話題となっています。

夜間など太陽光で
発電されない時間帯は
電力会社から電気が供給されます。

太陽光発電は
年々注目度が高まっています。

太陽光発電を導入する
コストも下がっており
一般の市民でも
手が届くようになっています。

太陽光発電への投資も
とても安定したものとなっており
地球温暖化の問題からも
再生可能エネルギーに関する
関心が高まっています。

電力の自由化は
多くの人が電気に対する姿勢を
顧みるためにも良い
きっかけとなっています。

現在、様々な企業が多彩な
料金プランを出していますが
選択する場合は、メリットと
デメリットを慎重に考えてから
選ぶことが大切です。

この機会に有効に
活用してみてくださいね。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

ネットショップを開店して商売をするには?



ネットショップを開店して
商売をするということは

一時的に爆発的に売れる転売商材を
次々乗り換えて行くということと
対極にある、末永く売上が続いていく
独自の商材を開発するということなのです。

しかし、独自商材はそれ自体に
知名度や集客力があるわけではないので
出店してもすぐには売れません。

じっくりと商品ページを作りこんで
広告費をかけて集客をして
時間をかけてショップと商品の
ブランディングを行っていく必要があるのです。

もう少し本質的なことを申し上げると
転売は仕入れ力の商売、ネットショップは
販売力の商売ということになります。
もちろん例外はいくらでもあります
あくまで一般的にということです。

転売は人気商品の
集客力に頼った商売ですので
集客のことなど考えずに

いかに相場よりも安く仕入れるか
ということが重要です。

相場というのはヤフオクや
アマゾンで売れている値段のことですね。
これよりも安く仕入れさえすれば
確実に収益が上がるわけです。

一方、ネットショップは
独自の商品を販売ページ上で
如何に観せて、如何にブランディング
出来るかというところが肝になります。

安く仕入れられれば
それに越したことはありませんが
そもそも相場よりも安く調達できるなら
わざわざネットショップを開店しなくても
ヤフオクやアマゾンに出品すればよいわけです。

ネットショップの最大の魅力は
商品自体には知名度も
集客力もないものをブランディング化して
流行り廃りなく末永く販売できる点にあります。

仕入れの転売に対して
販売力が肝になる商売なのです。

こういったことを理解していないと
せっかくネットショップを開店しても
有名商品を限界まで値引き合戦して売ったり
無駄な広告費を払ったりと
売上ばかりが上がり利益が
上がらない体質になってしまうのです。

今転売で収益を上げている方は
このように転売とネットショップでは
商売の中身がまるで違うんだ
ということを理解しておく必要があります。

何度も繰り返しますが
安く仕入れられるなら
転売を続ければいいわけで
わざわざネットショップを作る必要もないのです。

ただし、ヤフオクやアマゾンの
プラットフォームに頼り続ける
ことになるのでアカウント停止のリスク
が一生ついてまわります。

そのため、ネットショップを開店して
2箇所で販売を行っていくのが賢いです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。


メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

やさしい国内物販のはじめかた

ヤフオクで売れるのは商品自体の集客力があるからです


個人の副業で転売をやっている方
なぜ簡単に売れると思いますか?

それは、商品自体に
非常に集客力があるからです。

転売商材を考える時に
売れている商品を選ぶのは
基本中の基本ですよね。

多くの方は今まさに旬の人気商材を
いち早く手掛けるという方が
多いのではないでしょうか。

商品自体が人気で品薄になったものを
ヤフオクやアマゾンで売ったり
内外価格差を利用して国内正規価格より
も安く売ったりすれば
消費者が飛びつくのは当然です。

少しくらい高くても
品薄商品を今すぐ欲しい人は購入しますし
並行輸入品が国内正規価格よりも
安かったら飛びつくでしょう。

つまりは転売の場合
人気商品の集客力に
乗っかっているから
簡単に売れるわけです。

ただし、ヤフオクやアマゾンの
プラットフォームに頼り続けることに
なるのでアカウント停止のリスクが
一生ついてまわります。

突然売上げが停止のリスクに備えて
ネットショップを開店して
2箇所で販売を行っていくのが賢いです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。

読者のみなさんへ
それでは、明日もよろしくお願いします。

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス