e-book

インターネットを使った在宅WEB戦略2018

 

あなたから購入したいと感じてもらおう!

ネットで利益を出すためには

ただ商品を出品するだけでは

いけません。

 

ニーズに合った商品を仕入れ

そして購入者にとって

お得感がある価格で

販売することが大切です。

 

販売価格は

仕入れ値によって決めるため

特に大切なことは仕入れだと

考えられがちですが

 

販売についても

仕入れと同じくらい

重要なのです。

 

世間のトレンドを読み、最大限の成功をつかもう!

まずは商品の

仕入れについて考えます。

 

仕入れで大切なことは

人気商品を安価で仕入れることです。

 

人気がある商品は

その時々のトレンドを読み

できるだけそのトレンドが

上昇傾向にあるうちに

見極めることが必要になります。

 

トレンドがピークに

達してしまったり、下降線を

辿っているときに人気がある

商品だと気付いても

その時点で

ニーズは減り始めているため

大きな利益は生まれません。

 

1店舗にあるなら他店舗にもっとある!

実際に商品の仕入れをするときは

インターネット上で探すだけで

なく自分の足を使うことも

忘れてはいけません。

 

実店舗でも意外な安値で

商品が売られている

ことがあるのです。

 

実店舗の場合は

競争相手が少ないので

一度に大量入手する

こともできます。

 

1店舗見つけたなら

そのお店だけではなく支店

さらに全国の店舗に

目を向けていくのです。

 

さらに系列店も探してみるのです。

必ず同じものがあります。

 

インターネットを使う場合は

海外サイトも視野に入れると

仕入れ先が一気に拡大します。

 

本書で人気商品を安価で

仕入れることに成功したら

次は高い価格で販売することが

目標になります。

基本の安く買って高く売るに徹しよう!

ネットで利益を出すためには

安く買って高く売る

ことが基本です。

 

その基本に加えて

仕入れや販売先を工夫する

ことで利益を上乗せしていくのです。

 

デジタルマーケティング戦略で成功しよう!

Eメール、ネット広告

ソーシャルメディア、スマートフォン

ブランドサイト、コミュニティサイト

 

企業の顧客接点はますますデジタル化し

コーポレートサイトが中心だった

時代から大きく変容しています

 

これらは企業にとって

重要な顧客接点であり

自社でコントロール可能な

オウンドメディアです。

 

そして、日々進化する新しい

テクノロジーを活用していく

ことが求められています。

 

様々な顧客接点・テクノロジー・メディアを

統合したデジタルマーケティング戦略のお手伝いをしています。

 

サイトへの流入の多くが

ソーシャルメディア経由となっている

Webサイトが存在してきています。

 

集客にはリスティング広告と

SEOを行っていれば良いという

考え方だけでは十分ではありません。

 

逆に、facebookなどの

ソーシャルメディア上に

広告を出す企業も増えてきました。

 

商品やコンテンツへの共感を

facebookやTwtiier経由で

拡散させることも普通に

行われてきています。

 

トリプルメディアを別々に分けて

考えるのではなく、シナジーを

生む戦略を描くことが

重要だと考えます

 

顧客、競合、自社。3Cの視点からWebマーケティング戦略を考えよう!

めざすべきゴールと

ゴールに向けた戦略を描く際には

自社が認識している課題だけでなく

顧客や競合他社を考慮に入れる

ことが有効です。

 

顧客、競合、自社の3つの観点から

あるべき姿と戦略を描く

アプローチをとります。

 

顧客視点:顧客のニーズと来訪のゴールを明確にしWebマーケティング戦略のインプットとしよう!

Webサイトにはどんな人々が

どんなニーズ目的を持って

来訪するのでしょうか。

 

顧客の来訪目的は

商品の理解からキャンペーン応募

FAQの閲覧など様々です。

 

そうしたニーズ目的に応じた

流入施策、サイト構造

コンテンツを考える必要があります。

 

そのために、ターゲット顧客への

アンケートやグループインタビュー

流入キーワードなどを通じて

顧客ニーズを明確にします。

 

Webマーケティングのアクションプランを明確化し実行しよう!

Webマーケティングの費用対効果を

測定することは非常に難しい分野ですが

 

戦略立案フェーズにおいて

どのような施策の効果が

最も高いのかを考慮し

施策に優先度をつけていきます。

 

優先度の軸は

効果・コスト・時間

フィージビリティなどとし

次フェーズにおいて

何を実行していくべきなのか

のアクションプランに

落としていきます。

 

Webマーケティングを駆使していきたい方は

ぜひ、ダウンロードしてみて下さいね。

 

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス