やさしい国内物販のはじめかた

山崎18年を定価22,323円で購入しました。販売店公開中!



サントリーの代表的な
ウイスキー「山崎」といえば
今や日本どころか世界的に
人気かつ有名なウイスキー。

あまりの人気ぶりにここ数年は
品切れ・品薄状態が続いており
酒販店やスーパーではなかなか
お目にかかることができない
状態となっています。

当然のことながら、バーや
飲食店ですら仕入れることが
難しくなっており

「買う」どころか
「飲む」ことすら
難しいウイスキーと
なっています。

それもあってか
ネット通販では、山崎12年など
山崎ブランドのほぼ全てが
定価の倍近くの値段で
売られており、それでも
売れているのですから

いわば替えのきかない
ウイスキーなのでしょう。

今では69,800円で
売られています。


しかし定価で購入できるお店を
わたしのサイトのメルマガ@限定で
お伝えしております。
フォームよりご登録ください。

とはいえ現在の品切れ
品薄状態は明らかに
嘆かわしいことです。

それゆえ「品切れさせないのが
メーカーの努めである」として

メーカーである
サントリーに対して批判的な
意見が聞かれることも
少なくありません。


背景には、ウイスキー
特有の問題と社会的な
大きな流れが関係しています。

まずはなぜ山崎が品切れ
品薄状態が続いているのか
理由を説明していきましょう。

ウイスキーは樽で
長期間熟成されるお酒。

元は無色透明だった
ウイスキーの原酒が琥珀色の
ウイスキーに変化するのは
このためで、樽の木の成分が
移ることでおなじみの色へと
変化しています。

だいたいどれぐらい
熟成されるのかというと
最低でも約3年、長いものだと
20年以上熟成される
こともあります。


つまり、造り始めてから
売れるようになるまで
それだけの月日を
要するということです。


山崎のフラッグシップ
ともいうべき「山崎12年」

12年という
年数表記がありますが

これは12年以上熟成させた
山崎の原酒を使っている
という意味で、12年熟成の
ものだけで造られている
わけではありません。

いくつかの年数の原酒が
ブレンドされるのが一般的で
18年や25年などの長期熟成原酒が
ブレンドされることも
珍しくありません。

ぜひ皆さんもメルマガ登録して
山崎18年を手に入れて
味わってみてくださいね。


読者のみなさんへ
それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス