やさしい国内物販のはじめかた

ネットショップを開店して商売をするには?



ネットショップを開店して
商売をするということは

一時的に爆発的に売れる転売商材を
次々乗り換えて行くということと
対極にある、末永く売上が続いていく
独自の商材を開発するということなのです。

しかし、独自商材はそれ自体に
知名度や集客力があるわけではないので
出店してもすぐには売れません。

じっくりと商品ページを作りこんで
広告費をかけて集客をして
時間をかけてショップと商品の
ブランディングを行っていく必要があるのです。

もう少し本質的なことを申し上げると
転売は仕入れ力の商売、ネットショップは
販売力の商売ということになります。
もちろん例外はいくらでもあります
あくまで一般的にということです。

転売は人気商品の
集客力に頼った商売ですので
集客のことなど考えずに

いかに相場よりも安く仕入れるか
ということが重要です。

相場というのはヤフオクや
アマゾンで売れている値段のことですね。
これよりも安く仕入れさえすれば
確実に収益が上がるわけです。

一方、ネットショップは
独自の商品を販売ページ上で
如何に観せて、如何にブランディング
出来るかというところが肝になります。

安く仕入れられれば
それに越したことはありませんが
そもそも相場よりも安く調達できるなら
わざわざネットショップを開店しなくても
ヤフオクやアマゾンに出品すればよいわけです。

ネットショップの最大の魅力は
商品自体には知名度も
集客力もないものをブランディング化して
流行り廃りなく末永く販売できる点にあります。

仕入れの転売に対して
販売力が肝になる商売なのです。

こういったことを理解していないと
せっかくネットショップを開店しても
有名商品を限界まで値引き合戦して売ったり
無駄な広告費を払ったりと
売上ばかりが上がり利益が
上がらない体質になってしまうのです。

今転売で収益を上げている方は
このように転売とネットショップでは
商売の中身がまるで違うんだ
ということを理解しておく必要があります。

何度も繰り返しますが
安く仕入れられるなら
転売を続ければいいわけで
わざわざネットショップを作る必要もないのです。

ただし、ヤフオクやアマゾンの
プラットフォームに頼り続ける
ことになるのでアカウント停止のリスク
が一生ついてまわります。

そのため、ネットショップを開店して
2箇所で販売を行っていくのが賢いです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。


メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス