やさしい国内物販のはじめかた

ネットで利益を出すためには?


ネットで利益を出すためには
ただ商品を出品するだけではいけません。

ニーズに合った商品を仕入れ
そして購入者にとってお得感がある
価格で販売することが大切です。

販売価格は
仕入れ値によって決めるため
特に大切なことは仕入れだと
考えられがちですが

販売についても
仕入れと同じくらい
重要なのです。

まずは商品の
仕入れについて考えます。

仕入れで大切なことは
人気商品を安価で仕入れることです。

人気がある商品は
その時々のトレンドを読み
できるだけそのトレンドが
上昇傾向にあるうちに
見極めることが必要になります。

トレンドがピークに
達してしまったり、下降線を
辿っているときに人気がある
商品だと気付いてもその時点で
ニーズは減り始めているため
大きな利益は生まれません。

実際に商品の仕入れをするときは
インターネット上で探すだけで
なく自分の足を使うことも
忘れてはいけません。

実店舗でも意外な安値で
商品が売られていることがあるのです。

実店舗の場合は
競争相手が少ないので
一度に大量入手することもできます。

インターネットを使う場合は
海外サイトも視野に入れると
仕入れ先が一気に拡大します。

人気商品を安価で
仕入れることに成功したら
次は高い価格で販売することが
目標になります。

現在はネットオークションに
加えてフリマアプリが活況を
呈しているため
販路が広がりました。

オークションは
複数の購入希望者がいれば
予想外に高値が付くことも
あるものの、出品価格が
相場からかけ離れていたり

購入希望者が少ないと
思ったような価格で売れない
ことがある一方で

フリマアプリは提示した価格で
売れるという違いがあります。

商品によってオークションに
出品するのかフリマアプリに
出品するのかを使い分けると
良いでしょう。

一般的に、女性や子ども向けの
商品はフリマアプリに出品した方が
早く買い手が付くため
回転率が高くなって
大きな利益に繋がる傾向があります。

貴重な商品であれば
フリマアプリよりも
オークションに出品した方が
高値が付きます。

また、オークションと
フリマアプリの両方に
出品することも可能ですが
在庫管理には特に
気を配ることが大切です。

購入者が決まったにも
かかわらず在庫切れを
起こしてしまうと

販売機会を失うだけでなく
信用も失ってしまうのです。

ネットで利益を出すためには
安く買って高く売ることが基本です。

その基本に加えて
仕入れや販売先を工夫する
ことで利益を上乗せしていくのです。

ネットショップで収益を上げるには
全く違ったスキルが必要になるので
メルマガ@限定でお伝えしております。
下記、『メール講座に申し込む』より
お試しでご登録ください。



メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス