やさしい日本経済情勢

明治32年創業サントリー 山崎蒸溜所の功績

 

セブン&アイホールディングスグループの躍進

ヨークベニマル

福島県郡山市で創業した

紅丸商店がイトーヨーカ堂と

業務提携して、ヨークベニマルと

商号変更し、郡山市役所近くに

本社がある食品スーパーです。

 

現在は、セブン&アイ

ホールディングスグループの

事業会社になっています。

日本から世界へ活躍中のジャパニーズウィスキー

そんなヨークベニマルで

販売しているウィスキーがあります。

 

サントリーによって

日本で最初に作られた

ウイスキー蒸留所。

 

海外の方からも日本の

ウイスキーの代名詞と

言っても過言ではないほど。

近年ますます人気が高まっています。

 

以前は酒屋量販店に行けば

必ずと言っていいほど

並んでいたこのウイスキーも

今ではプレミア価格が

付けられ、品薄欠品の

状況が続いています。

山崎10年の終売

近年では家飲みウイスキーの

定番アイテムに

よく使われていた

「山崎10年」が終売して

しまいました。

 

その反面、熟成樽の違いや

ビンテージ商品等の

限定ボトルもリリース

され、ファンを楽しませて

くれています。

 

サントリー創業の歴史

サントリーが創業したのは

明治32年、鳥井信治郎氏が

大阪でぶどう酒の製造と

販売を「鳥井商店」と言う名

で興したのが始まり。

 

その後「寿屋洋酒店」と

改名し、赤玉ポートワインを

発売し成功をおさめる。

 

このサントリーという

名前の由来も赤玉という

ネーミングの原点である

太陽のサンと鳥井信治郎氏の

名字を合わせたもの。

 

サントリーには

ニッカウィスキー創業者の

竹鶴政孝氏が迎えられて

いたことはNHKで放送

されていた「マッサン」

でも有名な話ですが

 

イチローズモルトで有名な

「ベンチャーウィスキー秩父蒸溜所」

の肥土伊知郎氏も

サントリーで営業を

担当していたという

経歴を持たれています。

 

まさにウイスキーの

祖というべき企業で

その貢献度も計り知れません。

 

 

鳥井信治郎氏の優れた

経営感覚や行動力、それを

支えるアイデア触れる

ことが出来ます。

 

サントリーが日本で最初の

ウイスキー事業に

乗り出すのは1923年

 

京都に山崎蒸留所を

構えたのが始まり。

 

そこは、桂川と木津川

宇治川の3つの川が合流し

多湿で霧がとても多く

立ち込める場所。

 

その地で国産第一号の

ウイスキー「サントリー白札」を

1929年に誕生させます。

 

しかし、日本人の味覚には

当時スモーキーな香りは

受け入れられず、苦戦を

しいられる事になります。

その後、今だロングセラー

続ける角瓶を生み出し

 

1984年には

ブレンデッドウイスキー

 

全盛の時代の中

シングルモルトウイスキー

山崎12年を誕生させます。

 

山崎蒸留所では

大きさ、形状の異なる

6系統のポットスチルで

蒸留を行い、加熱方式も

直火式とスチーム加熱の

2種類を使用し、60種類以上の

タイプの原酒を仕込んでいます。

 

山崎12年は蒸留所の

60周年にあたる

1984年にリリースされました。

 

熟成樽には

「パンチョン樽」

「シェリー樽」

「ミズナラ樽」の原酒を使用。

2003年の日本初のISC金賞受賞!

2003年には、日本で

初の快挙となるISCでの

金賞を受賞します。

 

読者のみなさんへ それでは、明日もよろしくお願いします。

yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

 

 

 

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス