メインコンテンツ

鬼軍曹


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!(≧∀≦)」

WS000000

冬が過ぎ、あたたかく平穏な日々。
四季は、さまざまな植物の花で彩られます。
河川敷を歩いていると、それぞれの季節に応じた花が
そっと語りかけてきます。

空に雲に光に風
初めて出逢うような感動。

しかし七草を全て言える人は案外少ないもの。

そこで

今回は、そんな春の七草の覚え方について、
ご紹介していきます。


せり(芹、セリ)
なずな(薺、ぺんぺん草)
ごぎょう(御形、母子草【ははこぐさ】)
はこべら(繁縷、ハコベ)
ほとけのざ(仏の座、タビラコ)
すずな(菘、蕪【かぶ】)
すずしろ(蘿蔔、大根【だいこん】)

まずは、ハコベと呼ばれることも多い、
はこべら(繁縷)。

たんぱく質や、カルシウムなどの栄養が豊富で、
昔から薬草として、使われることも多くありました。

小鳥たちがよく、はこべらをつついているのも、
栄養がたっぷり詰まっているのを、
知っているからかもしれませんね。

ちなみに、今回ご紹介しているような野草は、
やっぱり新芽の時期が、一番柔らかくて、
おいしく頂ける時期。

はこべらも、写真のような花が咲く時期になると、
食感は固く、そして苦味も増してしまいます。

七草粥を食べる時期は、これらの野草を、
一番おいしく食べられる時期でも、あるんですよ。

きれいに撮れたら押してください~♪

次回に続く

★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!(≧∀≦)」

WS000128



メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス