メインコンテンツ

『Gメール開設から10年、ユーザーが払う「無料」の代償』



米インターネット大手グーグルの
ウェブメールサービス「Gメール」が
4月1日で提供開始から10年目を迎えた。

同サービスは無料で使えるが、代償を伴わないわけではない。
グーグルはユーザーに関する膨大な量の個人情報という形で元を取っている。

世界で推定5億人以上が利用するGメールは
ウェブメールの世界で支配的な存在になった。

同時にプライバシーを巡って絶えず批判にさらされ
米国や欧州では裁判も起こされた。
同社がメールの内容を盗み見していると訴える声もある。

同社の売上高は2013年10~12月期だけで
168億6000万ドル(約1.7兆円)に上る。
Gメールで収益を上げる手段として使われているのが
メールを自動的にスキャンして整理し、そのデータを使って
ユーザーが興味を持ちそうな広告を表示させる方法だ。

「安定した電子メールサービスの提供と引き換えに
あなたの電子メールの隣に広告を表示させ
あなたのメールをスキャンしてどの広告が
ふさわしいかを判断させてほしいというのがGメールの約束事だ」
米サンタクララ大学のエリック・ゴールドマン教授はそう解説する。

Gメールでは使用頻度や文脈などを元にキーワードを探し出し
そのメールに関連付けた広告を表示する。
例えばスピニングエクササイズについてのメールを
やり取りすれば、ダイエット製品の広告が表示されたりする。

メールをスキャンして収集した情報は
以後の広告のためのユーザープロフィル作成にも使われる。

ユーザーはあまり認識していないかもしれないが
グーグルのような企業はさらに、検索や地図
メールといった別々のサービスから収集した
情報をもとに、個々のユーザーについて
包括的なプロフィルを作成している。

法律専門家のベナム・デヤニム氏は「無料のものなど存在しない。
だから自分が無料サービスにどんな価値を提供しているのかを
理解しておくことが重要だ」

無料サービスでメールを送受信すれば
自分の関心事や人間関係、経済状態などに
関する情報を提供することになる。

こうした情報を抽出して整理すれば
広告会社や広告主にとって大きな価値をもつ。

マイクロソフトの「アウトルック」やヤフーなどの
大手はいずれも、無料サービスの
提供を通じて何らかの利益を確保している。

ハイテク企業の間では、ユーザー情報に基づくターゲット広告が
ビジネスモデルの主流になり、フェイスブックなどの
ソーシャルメディアもこの方法で収益を上げている。

企業が個人情報を収集する場合
そのことを顧客に通知する義務がある。
しかし長々と書かれた利用条件やプライバシーポリシーに
ユーザーが目を通すことは滅多になく
単純に「同意」ボタンを押してしまう。

ただ、グーグルはプログラムの具体的な仕組みについて
詳しいことを公表しておらず

ユーザー情報の扱いに関する
情報公開が不十分だと批判する声もある。

グーグルを相手取った訴訟では
Gメールを使っていない人がGメールのユーザー宛てに
メールを送った場合、同社のプライバシーポリシーに
同意していないにもかかわらず
影響を受けてしまうことも問題視された。

これに対してグーグルは
Gメールのユーザーにメールを送っている非ユーザーは
プライバシー保護を期待していないと反論している。
Gメールのサービスが始まった10年前
ユーザー情報の収集に関する規制はまだ緩やかだった。
だがプライバシーを巡る環境はこの10年で激変した。

利用する側も、Gメールのような
無料サービスを使うことの価値と
自分のプライバシーの重さをはかり
にかける必要性が強まっている。

次回に続く

★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

gmail




メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス

一覧に戻る

メール講座

メール講座

苗字(漢字)
メールアドレス