じゃあ、今のネットショップでは何が売れるの? | まつきたかゆきオフィシャルサイト 最先端のメリットをあなたに

まつきたかゆきオフィシャルサイト 最先端のメリットをあなたに

ダイヤモンドの如く輝きを放ち、無尽蔵のエネルギーが溢れ出す力を得るためのノウハウを公開します。

ホーム > 0.メインコンテンツ > じゃあ、今のネットショップでは何が売れるの?


★たまに「人気ランキングボタン」を
押していただけると嬉しいです(*^_^*)
yazirushi「今何位?人気ブログランキング!」

WS000062
まず第一に商品を販売するにしても
その売る商品を仕入れられないことには売上は立ちません。

「じゃあ、一体どこから仕入れるの?」ということですが、

世の中で販売されている商品はすべて
仕入れ対象になるということを覚えておいて下さい。


例えば、日本から海外へ日本製品を販売する

輸出であれば、仕入先は当然日本国内になります。


「では、日本国内のどこから仕入れているの?

特別な仕入れルートがあるんじゃないの?」

という疑問ですが、多くの輸出業者の仕入先は
あなたもよく知っているはずの

・Amazon.co.jp

・楽天市場

・ヤフオク

・国内ネットショップ

が主な仕入先になっていたりします。

あなたがよく知っているサイトから
商品を仕入れて海外で販売するだけで、

年間億規模を動かしている人がたくさん存在します。


ただ、この事実を知らない・・・。

現場をまだ知らない人にとっては、

「大規模には、個人では利用できない
特別な仕入れルートがあるんだ!」と決めつけてしまうのです。

国内でネットショップを運営するに際しても同じです。

Amazonや楽天で仕入れた商品を
自身のネットショップで販売することで、

月間300万円の利益が出ている企業も存在しますし、

家電量販店のセール時期に安くなった商品を
仕入れてきてAmazonで販売することで、

月間1000万円以上の売上をたたき出している企業もいます。


物販というビジネス形態であれば

「価格差」さえ存在すればビジネスになり、

物価の安い地方でモノを買い
沖縄や離島で販売するだけでも
数十万円規模のビジネスにはなったりもします。

どこから仕入れるではなく、どこから仕入れれば
価格差が大きく取れるか?

というのが重要なポイントなのです。

もちろん国内からの仕入れを考えれば
一般的な物価は決まっていますから、

例えばアメリカブランドをアメリカから仕入れた方が
国内から仕入れるよりも安く手に入れることができます。


手芸品やピアスなど自分で商品を作ることもできますね。

仕入先は世界中どこでも!あとは国内で何が売れるかを
考えて仕入る商品を見極めていくのです。


ですから「何を売りたいか?」ではなく

「何が売れるのか?」という

消費者目線での商材選定が必要です。


次回に続く

yazirushi「消費者目線での商材選定のポイントはこちら!」